あいてぃー会社の社長が、システムについて勉強してみた

資源が減っていくこの小さな村で

前回介護についての文章を書いたが、最近は老人の医療費事故負担の割合を増やそうという流れになっているようだ。ますます高齢化が進む日本では社会保障費は増える一方で、かつ国の収入は全く増える見込みはない。。
現在この国の政府は、富裕層、貧困層、主婦層、老人など、あらゆる層から信用を失っているように見える。これは政治に問題があるというよりも、日本政府に金が無いということが一番大きな問題のように思う。

国に大きな税収と権力があった頃は、農家や土建屋など特定の層に対して良い顔をして、そして彼らから票を集めるということができていた。しかし今は力が無いので、どの層に対しても恩を売ることが出来なくなっている。そして国民は気付きはじめたように思う。政治家を変えようと、何をしようと、この先成長していくことは無い。ならどするか?
民度が問われる時が来ていると思う。

Comment

*