あいてぃー会社の社長が、システムについて勉強してみた

会計事務所ネットワークを使え

今期の1月から会計事務所と組んで、そのネットワークを使わせて頂くという施策を進めている。
日本には税理士事務所・会計事務所と呼ばれるものが2~3万ほどあるらしいが、国内マーケットがどんどん縮小し、いくつかの大手の支店の拡大で数自体はどんどん減っているらしい。で、どこもサービスにほとんど付加価値が付けられないので、当然価格競争にさらされている。月額の顧問料はここ10年で半分くらいになったという人もいる。努力していないから、そりゃそうだ。

大体は親父が持っていたお客さんを引き継ぐ形で、何の工夫も無く、「食えない」「価格競争で大変だ」と嘆いてばかりいる。で、どんな仕事をしているのか覗いてみると、マーケティング的なことも積極的な営業も、顧客価値を高める知恵のようなものもない。。

しかし、お客さんとの強いネットワークを持っていることも事実だ。これを活かしてもらうしか方法はない。で、今回は彼らの顧客に対してうちの商材を拡げていくことで、彼らにもメリットを出せるような提案をしているわけであるが、、なかなか乗ってこない。新しいことをする気がないのか、こちらの提案が悪いのかはこれから見極めていかなくてはならない。

Comment

*