あいてぃー会社の社長が、システムについて勉強してみた

国税庁から脅かされています

先日、突然税務署から連絡があったので驚いてしまった。
こちらとしては特にやましいことをしているつもりも無いのだが、やはり国税庁と言われてびっくりしない経営者はいないだろう。

今回は海外に持っている口座の件で連絡があった。
日本の私の口座から、私と妻の共有名義で持っている海外の口座まで送金をしたのだが、それがきっかけで連絡が来たらしい。
なんでも、100万円以上を海外の口座に送ると、銀行がそれを国税庁にお知らせするというスキームが出来上がっているらしい。

儲かっているならまだしも、俺みたいなしがない会社の経営者にまでそんなことをするなんて・・・

さらに、共有名義に送金をしているということで、贈与になると認定されて贈与税がかけられてしまうこともあるとのことだ。
もちろん、贈与ではないと証明するものが必要とのことで現在国際税理士さんに相談させてもらっているところだ。
皆さんもくれぐれも気をつけて欲しい。

海外資産の贈与税のサイト

Comment

*